韓国ドラマGUIDE

韓国ドラマ・映画・俳優に関するブログ

韓国ドラマ【ムーブ・トゥ・ヘブン】: 私は遺品整理士です

あなた様の最後の引越しを始めさせていただきます。

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

[目次]

1)ドラマ概要

2)こんな方にオススメ

3)企画コンセプト

4)あらすじ

5)登場人物

6)ドラマの見どころ

7)総合評価

ドラマ概要

ジャンル: ヒューマン

話数:10話

放送チャンネルNetflix

キャスト:イ・ジェフン、タン・ジュンサン、ホン・スンヒ、チ・ジ二

放送時期:2021年5月ー

こんな方にオススメ

・心が温まるヒューマンドラマ好きな方

・遺品整理士の仕事に興味がある方

・遺品整理依頼が必要そうな方

企画コンセプト

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

XXさま、2021年X月X日に亡くなりました。

私たちはムーブ・トゥ・ヘブンの

ハン・ジョンウ、ハン・グルです。

これからXXさまの最後の引越しを始めさせていただきます。

 

遺品には人が生きてた時の人生が宿っている。

小さい痕跡まで繊細に取り備える遺品整理士。

お父さんが突然亡くなって、

一人になったハン・グルの前に

今まで存在さえ知らなかった叔父が現れる。

一緒に住みながら、遺品整理士として働く二人。

3ヶ月間グルの後見人としての資格を見るための試用期間が始まった。

あらすじ

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン
ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ハン・ジョンウと息子ハン・グルは遺品整理業の’ムーブ・トゥ・ヘブン’を営んでいる。彼らの仕事は亡くなった人の遺品整理と故人の最後のメッセージを大事な人に伝えてあげること。 ハン・ジョンウが突然心臓麻痺で亡くなってから、叔父のチョ・サングがグルの後見人として現れる。
サングは刑務所から出たばかりで実はお兄さんハン・ジョンウのことを憎んでいた。障害があるグルにも興味もなく、ただお兄さんが残した遺産を狙って障害を持っているグルの後見人になろうとしていた。グルの弁護士はサングに後見人としての資格があるかを見るため3ヶ月間グルと一緒に遺品整理士として働くことを条件として提案する。

初めて2人が一緒に向かった現場で、亡くなった人の最後のメッセージを家族に伝えようと一生懸命なグルの頑固さはサングにさえコントロール不可能だった。高校の時からグルの側にいる近所の親友、ナムはサングを疑って、 こっそり彼を尾行してみる。それでサングが実は不法で試合をするストリートファイターであることを目撃する。

登場人物

チョ・サング

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

(イ・ジェフン)

秘密のストリートファイター

”汚い、うるさい、喧嘩うまい人” by グル

グルーのお父さん、ハン・ジョンウのハーフ・ブラザー。
小さい頃、孤児園に送られる前に迎えに来ると約束したお兄さんを3日間駅で待ったけどお兄さんにも捨てられ、不幸な幼年期を過ごした。 ボクサーだった彼は自分が弟子のように教えた子と、お金をかけた戦いをすることになり、脳に持病を持ってた相手は植物人間になってしまう。 
刑務所から出たサングを待っていたお兄さんの弁護士の提案で、グルの家で一緒に住むようになる。実は彼はお兄さんの遺産を狙って、グルの後見人になるための3ヶ月間の試用に挑んでいるだけだった。だけど、グルと一緒に仕事をしながら少しずつグルの本当の叔父として成長して行く。

ハン・グル

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

(タン・ジュンサン)

アスペルガー症候群を持った20歳の青年、ハン・ジョンウの養子。

お父さんとともに遺品整理の会社’ムーブ・トゥ・ヘブン’で遺品整理士として働いてきた。 一回見たことは全て暗記できるようなすごい頭脳を持っている。優れた観察力と記憶力を使って、亡くなった人の最後のメッセージを探し出す。
アスペルガー症候群の特徴的に、意地っ張りなところがあり、自害をするときもある。 お父さんが教えてくれた方法で亡くなった方の心を読み取り、そのメッセージをちゃんと伝えようと最善を尽くす。生活をするときも、細かいこだわりがいっぱいあって、例えば、目玉焼きは黄身が割れるとダメだったり、現場に行く事前準備などの順番や方法にも自分だけの強い規則やこだわりがある。

ユン・ナム

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

(ホン・スンヒ)
”ハン・グルは私が守る”

’ムーブ・トゥ・ヘブン’の向こうに住んでいる近所住民でグルの友達。障害があるグルを偏見なく大事にしていて、実はグルに一目惚れをしたそう。お父さんを失ったグルの保護者のような存在で、彼女のお母さんにすごい反対されている。グルの後見人のサングを疑っていて、こっそり彼を尾行したりする。

ハン・ジョンウ

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

(チ・ジ二)

サングのハーフ・ブラザー、グルのお父さん。

優しい心を持ち、人を大事にする暖かい人。高校生の時、孤児になったサングの誕生日プレゼントのナイキ運動靴を買いに百貨店に行った時、建物の崩壊で3日ぶりに救助された。その時の誤解でサングとはずっと会えなくなった。釜山で消防士だった彼はある日、アパートの地下に捨てられていた赤ちゃんを救い、彼を養子にした。普通のコミュニケーションができないグルのために手話も勉強したいいお父さん。自分に持病があるのを知ってから弟のサングにグルの後見人になるのをお願いしておく。ある日、突然横断報道で心臓麻痺で亡くなってしまう。

ドラマの見どころ

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

1)遺品整理士の仕事

最近、孤独死や自殺率が多くなって行く中、突然の死を向かった人の代わりに遺品を整理する仕事を照明してくれて興味津々。
遺品整理の連絡が来ると、作業に必要な道具を持って出動する。現場についたら、帽子を取って、亡くなった人へ礼儀正しく、挨拶と最後の引越し作業の開始を告げる。
’ムーブ·トゥ·ヘブン’では特に亡くなった人に意味がありそうな遺品だけを厳選し、黄色いボックスに入れて、故人の名前を記入しておき、別途焼却をするそう。
ドラマでは、老夫婦の無理心中や殺人現場など様々な死の形が出る。

2)サングとグルの関係の変化

アスペルガー症候群で規則正しい生活をするグルと、めちゃくちゃなライフスタイルのサングとの同居が面白い。グルはお父さんの部屋で止まるのも許してくれず、サングは居間でテントを張って寝る。自己流の規則通りに動くグルも大変なのに、グルのことが好きなナムの厳しい監視まで受けないといけないサングは結構可哀想w。
段々とお互いに本当の家族になって行くのが、心が温まる。イ・ジェフンとタン・ジュンサンの相性がとてもよくて、シーズン2も同じメンバーで行って欲しい。

叔父を探すために作ったチラシ。。。ウケる

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

3)故人のメッセージ

様々な死の現場でグルは生まれつきの観察力と記憶力を元に、亡くなった人の最後のメッセージを読み取り、黄色いボックスに保存しておいた大事な遺品やメッセージを家族に伝えてあげる。その推理力と行動力はまるで探偵レベル。
最初はめんどくさがってたサング叔父も少しずつグルの心強い同僚になって行くのがいい。
お母さんの愛情など感動的で胸に染みる。

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブンドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン


この老父婦の家の中の秘密のシーン、幻想的で好きだった。

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

総合評価

個人的には障害を持っている人のドラマや映画は暗かったり悲しいのであまり好みではない。でも、このドラマはそんな心配はなく、普通に愉快で明るい。グルのことが好きなナムという友達がいるからかも知れない。
逆に、普通の人と違い、グルの率直すぎる言い方が面白。ナムがグルの嫁のようにグルの家事を手伝っていると勘違いしているナムのお母さんに”ナムはグルの家で料理をしません、洗濯も掃除もしません。全部グルがします。ナムは何もしません”と言ったりw、顔に傷だらけになった叔父に”人間の顔ではありません。”って。
サングがどんな人か言うのもウケた。

誰かには怖く、誰かには悲しい’人の死’を引越しという観点で描いているのが良い。
全然暗くなくて、心が温まるいいドラマです!面白いし感動的!オススメ!

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

ドラマ ムーブ・トゥ・ヘブン

[目次]

1)ドラマ概要

2)こんな方にオススメ

3)企画コンセプト

4)あらすじ

5)登場人物

6)ドラマの見どころ

7)総合評価

................................................................................
最後まで読んでいただきありがとうございます!
XOXO