韓国ドラマGUIDE

韓国ドラマ・映画・俳優に関するブログ

韓国ドラマ【その年私たちは】:高校時代からの元恋人同士が5年ぶりに再会したら

二度と会いたくないあいつと10年ぶりにドキュメンタリーを一緒に撮ることになるとは

写真出典:公式ウェブサイト、스튜디오N、ドラマキャプチャー

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは

映画”魔女”で素敵な相性を見せてくれたチョイ・ウシクとキム・ダミのキャスティングで期待値は高かったものの、ある程度ドラマの展開は想像できちゃうでしょう。
高校時代の青春ラブストーリーって、すでに様々な映画やドラマでいっぱい見てきたからね。
だけど、このドラマは既存の青春ロマコメ物を遥かに超えて、面白さ、切なさ、甘さ、全ての面で最高だと断言できる。ここまで面白いドラマになるとは思えなかったので感激。月・火放送のため、月曜が来るのを待つようにさせた2021年最後、2022年最初で最高のロマコメ!

[目次]

1)ドラマ概要

2)こんな方にオススメ

3)企画コンセプト

4)あらすじ

5)登場人物

6)ドラマの見どころ

7)総合評価

ドラマ概要

ジャンル: ロマコメ

話数:16話

放送チャンネル:SBS

キャスト:キム・ダミ、チョイ・ウシク、キム・ソングチョル

放送時期:2021年12月ー

視聴率:5.2 %

こんな方にオススメ

・ロマコメ好きな方

・高校、大学で同級生と恋愛経験ある方

・初恋・片思いの切ない思い出がある方

・ヒーリンが必要な女子

企画コンセプト

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは
ドラマ その年、私たちは

ドキュメンタリーは平凡な人誰でも主人公になれる。

勉強できる全校1位のクク・ヨンスも

毎日寝ている全校ビリのチョイ・ウンも

やりたいのなら青春ドキュメンタリーの主人公になれる。

問題は、この二人は求めなかったけど

 

19歳その年の夏を強制に記録された男女がいる。

違うと否定できないように映像に残され

全国民の前で思春期を過ごさざるおえなかった

二人は1から10まで全てが真逆。

環境、価値観、目標も違うこの二人の共通点はたった一つ。

その時、仕方なく初恋に落ちてしまったこと。

 

そしてこの物語は10年が過ぎた今、再び始まる。

純粋さ、生き生きしたのは遠く捨ておき、より熾烈でより悪辣になった

二人が再開し再びもう一回の時間を記録する

いわゆる、ヒューマン青春再会そして愛憎のドキュメンタリーと言うか

その年よりもっと幼稚で、もっと濃厚に

 

平凡な人々の日常も記録になれば物語になる。

お互い違い過ぎるドキュメンタリーやドラマも

結局は我々の人生を語っているのと同じく、

 

その年二人は、私たちは

どんな物語を作っていくだろう。
(出典:公式ウェブサイト、kd-guide.com翻訳)

あらすじ

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは

2011年5月、高校3年生のチョイ・ウン(チョイ・ウシク)とクク・ヨンス(キム・ダミ)はドキュメンタリー撮影中。全校1位の学生と全校ビリの学生、二人を1カ月間観察しながら撮影する企画だった。家庭状況が貧しいヨンスは出演料を狙って、ウンは全校一位と一緒になれることに喜んでいる親の説得に仕方なく出演することになる。

ドラマ その年、私たちは
ドラマ その年、私たちは

二人が初めて会ったのは2年前だった。高校入学式の時、入学1位の成績で代表として表彰されたヨンスをぼうっと見続けるウンに”おい、何見てる?”と冷たく言うヨンスにウンはビビってしまう。優等生らしく読書好きなヨンスは図書館に貼ってある読書王のチョイ・ウンに、成績順位を聞いてみるが、意外に全校ビリの成績のウンに対して、変なやつだと思った。

お互いに悪い印象を持っている二人はドキュメンタリーの撮影をしながらもっともっと嫌いになっていく。性格、趣味、価値観、行動パターン、全てが真逆で合わない二人はカメラの前でも素直に喧嘩ばかりする。そして二人のドキュメンタリーはYoutubeに上がって、時間がたった今、また人々の間で大人気になっていた。

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは

10年後、29歳になったクク・ヨンスは小さい広報会社でチーム長として働いている。新しくオープンするモールのコンペで、クライアント側の担当者に無視されてたヨンスは最近人気のイラストレーターとのコラボを提案し、仕事を取ることに成功する。画家’ゴオ’を渉外しないといけないヨンスはネットで彼のことを検索し始める。

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは

29歳になったチョイ・ウンは昼寝ばかりする全校ビリらしく、親のお店’ウン食堂’で親に叱られながら雑な仕事を手伝っている。でも、実は彼は大人気のイラストレーターで、最近は人気女子アイドルNJが彼の絵を購入したことでより話題になっている大物だった。マスコミに顔を出さない謎の人気画家’ゴオ’と言う名で活動をしている彼の家に、次の朝、クク・ヨンスが訪れる。

ドラマ その年、私たちは

ヨンスを見てびっくりしたチョイ・ウンはなぜか慌てながら、植物用のスプレーを持ってきて、ヨンスの顔にお水を噴射する。長年間、いつかヨンスに再会するとやってやろうと何十回も練習してきたウンのヨンスへの復讐が叶う瞬間だった。

登場人物

チョイ・ウン

ドラマ その年、私たちは

(チョイ・ウシク)

嫌いなのは?ーーーー
”嫌いなものはククヨンスです(にやっー)。あ、コク(国語)、ヨン(英語)、ス(数学)です。”
将来の希望は?ーーーー
”特に夢はないです。目標は何もせずに毎日のんびり平和に過ごすことです”

建物や木を主に描く人気イラストレーター。

ウンの食堂、ウンとアンコウ鍋、ウンと鶏の足専門店などなど、ソウル中心のある町に自分の名をかけた食堂をいっぱい持っているお坊ちゃん。近所の誰もが知っていて羨ましがっているお坊ちゃんだからか、小さい頃からのんびり屋で平和主義の少年。 従業中は大体寝るか、漫画を読んだりする。絵を描くのと読書が好きで、成績はビリのくせに、毎月読書王に選ばれている。

29歳のチョイ・ウンは夜はあまり眠れず一人でずっと絵ばかり描いている画家になっている。一枚に150万くらいで売られている大成功したイラストレーターで、トップアイドルが彼の絵を買ったことで話題にもなった。変わるものが嫌いな彼は 建物や木だけを描いている。彼の親は彼が有名なのもまだわかっていない。
5年前クク・ヨンスと別れた後、いつか彼女と再開するとお水とお塩をかけてやると練習していた。

クク・ヨンス

ドラマ その年、私たちは

(キム・ダミ)

嫌いなのは?ーーーー

”嫌いなのは情けない人です。情けない全ての生命体”

将来の自分は?ーーーー

”社会をリードする中心的な存在になっているでしょう。”

小さい会社をリードする広報専門家

小さい頃親を事故で失って祖母と貧しい生活をしてきた。成績は不動の全校1位だけど、友達とおやつを買いに行く余裕もなく、ボロボロの靴を履いているヨンスは人の視線は構わず、勉強以外は興味もないふりをして自分を守ってきた。
小さい頃からの彼女の目標は成功することだけだった。いつも忙しく過ごしてきた彼女にとっての成功はそんなに華麗なものでもなく、ただ祖母と二人でお金の心配なく平凡に生活することだけである。まだ高校生の彼女に、貧困は辛く彼女を圧迫していた。そんな彼女の目に怠け者のチョイ・ウンは情けない存在だった。

29歳のヨンスはいまだに忙しい生活を続けている。名前も聞いたことない叔父が作った借金をやっと完済して安定的な職場でチーム長になった。仕事の実力も認められている。ヨンスは小さい頃から相変わらず、未だに毎日忙しく熾烈に戦っている。

キム・ジウン

ドラマ その年、私たちは

(キム・ソンチョル)

”今回の人生では自分は主人公ではないです。ただ見守ることそれが自分の役割かなと”

放送局のドキュメンタリーPD

小さい頃からのチョイ・ウンの数すくない親友。チョイ・ウンよりもお坊ちゃんに見えるのは彼の方だし、高校の時は全校会長で人気ものだった。
チョイ・ウンの親も彼の方をより可愛がっているしPDになった彼により頼っている。
実の、ジウンはすごい寂しがり屋。小さい頃、家を出た父、いつも彼を一人にさせた母。彼の母は彼が桃のアレルギーがあるのもいまだに覚えてくれない。
あんないい親がいるチョイ・ウンには劣等感や嫉妬を感じることもできないくらい実の家族のような存在。
そんなジウンが高校の時、一目惚れしたクク・ヨンスがチョイ・ウンと付き合うことになってからもジウンはチョイ・ウンとの義理を守るために自分の感情を隠し、ヨンスとはちゃんと距離を置くようにしていた。

29歳のジウンは10年前、同級生二人のドキュメンタリーを撮った会社に就職し自分もドキュメンタリーPDになっている。突然、先輩から無理やり10年前のあのドキュメンタリーの続編を任される。聞いたときは、全然興味もなかったけど、当時の編集前の撮影分を全部見てからジウンは続編を作ることにする。

NJ

ドラマ その年、私たちは

(ノ・ジョンウィ)

”この男、なぜ私のメッセーに返事しない?”

”まさか、既読スルー?!”

人気絶好調のトップアイドル

ソローでデビューし9年目だけど、まだトップを維持しているスター。 だけど、そろそろ自分の人気が続かない時期なのをわかっている賢い女性。自分の魅力、欠点、スタッフの苦労も事務所のずる賢い戦略も全部把握している。
自分のアンチたちの厚かましさには傷付くし精神的にも疲れている。ある日疲れている彼女はある展示会で建築物の絵を見て自分も知らないうちに泣いてしまう。その絵を描いた画家、チョイ・ウンにも興味ができ、アイドルとしてのプライドも捨てて、積極的にアタックしているけど、ウンの反応は今まで彼女が経験してきた男性たちとは違った。

ク・ウンホ

ドラマ その年、私たちは

(アン・ドング)

”私はマネジャーで、奴隷ではないよ”

画家チョイ・ウンのマネジャー

一人で絵を描くのしかできないチョイ・ウンの日常、家事、仕事も代わりに全部処理するマネジャー。ウンの親が営んでいる食堂でバイトをした時、ウンが描いた絵を見て、成功の可能性を匂ってしまった。誰よりもウンの絵が好きで、彼が有名なイラストレーターになれるように裏で働いている。アイドルNJのファン。

イ・ソル

ドラマ その年、私たちは

(パク・ジンジュ)

ドラマ作家出身の居酒屋社長

ヨンスの唯一な親友。ヨンスとウンのラブストーリーを全部知っている数少ない人物の一人。作家として稼いだお金と全ての財産をかけて居酒屋を開いたけど、お客さんはあまり来なくて困っている。
近所で一番人気の’ウン食堂’にメニュー分析をするために行ったりする。いつも、ヨンスの悩みや心理状態を鋭く分析してくれる人。

カン・ジャギョン

ドラマ その年、私たちは

(チャ・ミギョン)

ヨンスの祖母

毒説家で自己中の性格のため、よく近所のおばさんと喧嘩をしたりする。
ヨンスの冷たい言い方、毒説は叔母さんの影響なのは確かで両方認めている。長男と嫁が突然事故で亡くなって、小さい孫娘ヨンスを代わりに育てた。
ヨンスのためにどんな仕事でも構わずに働いてきたけど、文句も言わずに勉強もバイトも頑張っているヨンスを見る度にに心が痛む。
ヨンスが大学生の時、次男の借金返済でヨンスと一緒に苦労した時期は家を売って遠くへ引越しするくらい辛い時期だった。彼氏と別れて毎日泣いてたヨンスを見て、二人の別れに関してチョイ・ウンを誤解している。

ドラマの見どころ

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは

1)ウン VS. ヨンス

成績はビリだけど本好きなウンと、生まれつきの毒説家のヨンスの高校時代からの言い争いがウケる。29歳になった彼らの対話も相変わらず可愛くて面白い。

嫌いなのは? ーーー

ウン: ”ククヨンスですね。あ、失礼、コク(国語)ヨン(英語)ス(数学)です。”

ヨンス: ”情けない人です。情けない全ての生命体が嫌いです。”

ウン: ”自己中の人。自分だけが全てを知っていると思っているような”

ヨンス: ”迷惑な人。失敗するのなら一人で失敗すればいいのに、なぜ人に迷惑をかけるんだろ”

ウン: ”乱暴なこと言うこと。あまり考えずに言い出すんですよね。考えが浅いです”

ヨンス: ”考えないのは誰だろ。考えが浅いんじゃなくて、考え自体がないですよ。こいつは”

ウン: ”こいつ?私のこと言ってる?”

ヨンス: ”先ほどから私のことを吐かしてんじゃん”

ウン: ”吐かす??あんた言い尽くした?”

ヨンス: ”いいえ、言ってるじゃん、まだ”

ウン: ”もういいわ、ところでなんでこんなの撮ろうとしたんですか?”

ヨンス: ”全校1位が全校ビリを更生するプログラムですよね?”

ウン: ”反社会的な人の隣でいつまで我慢できるかどうかの実験ですか?モラル的に問題ないですか?”


ヨンス: ”全校ビリと全校1位とどちが反社会的ですかね?”

ウン: ”こんな人が社会に出ると周辺の人々が疲れるんですよ。”

ヨンス: ”さあ、あんたはすでに一人負けして消滅されているはずなのに?”

 

理想の女性像は?ーーーー

ウン:”とても親切な人がいいです。小さくて可愛くて丸くて私をとても愛してくれていつも一緒にいられるような”

ヨンス:犬を1匹飼えばいいじゃん?

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは

2)ウン ♡ ヨンス

2人が付き合った時、イチャイチャするのがとても可愛くて、ずっと微笑みながら視聴している自分に気づく。
朝ヨンスの家に迎えにきてヨンスのカバンを持ってくれるウン、クラスメートには見せなかった試験に出そうな問題をウンだけに見せてくれるヨンス、バイトしているヨンスのためにお弁当を持って来るウン、酔っ払ったウンをおんぶしてくれるヨンス。エピソード全てが甘くてめちゃ可愛い。二人の別れも主人公2人の素晴らしい演技のおかげで、リアルで切ない。

そして、別れてから5年後に再会した二人の物語がもっといい。お互いに素直に慣れないままたまに出る、特にチョイ・ウンの手で伝わる愛情がめちゃいい。二人を邪魔する役の登場にも、作家は賢く既存のクリシェを反復しないのが新鮮で好評。
このくらいなら、一回喧嘩するでしょうと予測された時、意外に二人が仲直りしたり、このタイミングなら誤解されるシーンが出るはずと思った時、率直に告白をしてしまうなど、既存のロマコメ通りにならないのが人気の秘訣の一つでもある。作家のセンスがいい!!!
音楽と演出も洗練されてよりその切なさや懐かしい気分にさせる。

ドラマ その年、私たちは

3)チョイ・ウシク、キム・ダミ

キャスティング担当の人に賞をあげるべき。主人公二人の演技力、それぞれの魅力、強いイメージのキム・ダミと子犬のような顔をしているチョイ・ウシクの恋人同士としての相性が200%いい。

主人公チョイ・ウンは映画”パラサイト”で世界的な注目を浴びたチョイ・ウシクのイメージに200%ぴったりの役でチョイ・ウシクそのものがチョイ・ウン。(最近’ウン’と言う男の名前が流行っている?”ユミの細胞たち”の男の子もク・ウンだった)ヘアー、顔、服装、声、表情、喋り方全てが可愛い!後半、自分の秘密を泣きながら言うシーンでチョイ・ウシクの自然の演技力が爆発する。

目立つ美人ではない、普通の顔でなぜ”梨泰院クラス”の主人公になったか?疑問の声もあったキム·ダミだが、このドラマを見ると彼女の魅力に議論を言う人は誰もいないはず。”梨泰院クラス”でも映画”魔女”でも頭良い強靭な役を主にしてた彼女はクク・ヨンスにぴったりで、自己中心なヨンスを愛しく、可愛く演じる。小さい子供のような可愛い顔のキム・ダミだが、実は背170センチのモデルの体型をしていてスタイルがよいのも素敵。
2021年SBS演技大賞で二人はディレクターズアワード賞を仲良く受賞した。

総合評価

ドラマ その年、私たちはドラマ その年、私たちは

何だか自分のことのように胸がときめいたり切なくなったり、昔の恋人を思い出させるくらい共感度高いロマコメ。18歳から23歳までの彼らの初恋は緑色の夏のように未熟だが、生き生きしていた。29歳になってまた再会した二人の心は各自の成長と心の傷と共に昔とは変わっているようで、変わっていない。

素敵なシナリオ、感受性溢れる演出、センチメンタルな音楽、最強の演技力の主人公2人。既存のありふれた青春ドラマのレベルを遥かに超え、青春ロマンスジャンルに新しい基準を提示していると言えるくらい、美しく魅力溢れる作品。

ウンとヨンスがたまには喧嘩しながらイチャイチャする姿を1年くらい続けて見せて欲しい。これは文句なく最高。

ドラマ その年、私たちは
写真出典:公式ウェブサイト、스튜디오N、ドラマキャプチャー


[目次]

1)ドラマ概要

2)こんな方にオススメ

3)企画コンセプト

4)あらすじ

5)登場人物

6)ドラマの見どころ

7)総合評価

................................................................................
最後まで読んでいただきありがとうございます!
XOXO