韓国ドラマGUIDE

韓国ドラマ・映画・俳優に関するブログ

韓国ドラマ【ストーブリーグ】: プロ野球団裏ヒーロー達の冬の戦争

ビリプロ野球団に赴任した新団長とスタッフたちの優勝に向けたオフィス戦争ドラマ

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ ストーブリーグ

★★★野球ファンじゃないけど、めちゃ面白かった!

[目次]

1)ドラマ概要

2)こんな方にオススメ

3)企画コンセプト

4)あらすじ

5)登場人物

6)ドラマの見どころ

7)総合評価

ドラマ概要

ジャンル: 野球、社内政治、ヒューマン

話数:16話

放送チャンネル:SBS

キャスト:ナムグン・ミン、パク・ウンビン、オ・ジョンセ、チョ·ビョンギュ

放送時期:2019年12月ー

視聴率:最高視聴率 19.1%

こんな方にオススメ

・野球ファン、スポーツ関連物好きな方

・球団の裏話や関係者達の話に興味ある方

・オフィス、社内政治ストーリ好きな方

・ヒューマン成長ドラマ好きな方

企画コンセプト

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ ストーブリーグ

ドラマ ストーブリーグ

ストーブリーグ(Stove League)とは

野球のオフシーズンにチーム全力を補強するため

選手トレードや年俸協商などを行う事。

シーズンが終わった後、ファンたちが暖炉の周辺に座って

選手たちの次の年俸やトレードに関する事を口論することから由来している。

1. 野球ドラマ

韓国プロ野球の経済的な効果は2千億円、プロ野球観衆800万時代

ダイナミックなグラウンド、濃い汗の匂いに熱狂する

プロ野球ファンが好きそうな物語

2. 野球ドラマのようなオフィスドラマ

このドラマは、選手ではなく団長、および

球団オフィス内スタッフがただの陰ではなく、

冬シーズンのニューヒーロであることを見せる。

3. オフィスドラマのような戦争ドラマ

負けに慣れて、腐っていくチームを成長させていく過程は

絶対、美しい成長ドラマにはなれない。

腐った部分を切り離すために必死になり泥沼で転んだり

醜い熾烈な戦いになるだろう。

今日だけを生きるように戦っていく主人公が気に入らないかもだけど

見守るしかないし応援したくなるのを望む

4. 戦争ドラマのようなヒュマン成長ドラマ

プロスポーツは過酷である。

ビリチームは、彼らがビリなのが全国民に知られる。

そのチーム所属ということだけで

そのチームを応援していることだけで

き押され、無口になった経験をしたことある?

初めからビリだった、逃れるために足描いてもビリであるこの人たちは

ビリから2番目になれるだけでも笑える。

しかたなくどこかに存在するビリ達が

悪びれないファンタジーを夢見てこの話を書いてる。

あらすじ

韓国相撲部、ホッケーチーム、ハンドボール部団長の経歴を持っている、ペク・スンス(ナムグン・ミン)は地方にあるプロ野球チームドリムーズの新しい団長として赴任する。 ドリムーズは30年の歴史をもち地域を中心に多いファンを持っている球団だが、万年ビリチーム。 そのため、毎年7億以上の赤字の運用になり、球団のオーナーはこっそりと球団を解散するつもりであった。

その事実はまだ知らない、新団長ペク・スンスはこのシーズン、優勝を目標にチーム内第1スターで実力のある打者、イム・ドンギュ(チョ・ハンソン)の放出を決める。イム・ドンギュ本人はもちろん運営チームみんなの激烈な反対に直面することになる。だが、ペク・スンスはイム・ドンギュの代わりに 韓国No.1の元ドリームズ出身の投手カン・ドギ選手をチームに連れてくることを発表する。
このトレードで、ドリームズファンや球団関係者みんなを納得させた上に、ドリームズは段々と強いチームに変わっていくこのになる。

次々とチーム内腐敗勢力を切り離していく新団長に運営チーム長イ・セヨン(パク・ウンビン)やスタッフたちは彼を信頼し始める。

登場人物

ペク・スンス

ドラマ  ストーブリーグ

(ナムグン・ミン)

ドリムーズ団長(GM

韓国相撲部、ホッケーチーム、ハンドボール部団長の経歴を持っていて彼が担当したチームはみんな優勝をした。 奇異なことは全チームが、その優勝後、全部解散したこと。 このような独特な履歴でオーナー会社の役員クォン・ギョンミンからドリマーズを任される。 仕事はめちゃ出来るけど、生まれつきに気難しく、笑うことも一切ない 柔軟性は1つもない人物である。(ドラマの中微笑んでるのが2シーンくらいかな?それも一人でニヤッとするくらい。なのに、赤ちゃんを抱いて泣くのなくない??

クォン・ギョンミン

ドラマ  ストーブリーグ

(オ・ジョンセ)

”なんでまた林檎の木を植える?明日なくなる地球なのに”

ドリムーズ球団オーナーの甥、ジェソングルームの常務

頭も良くビジネスに関しては実力派。 いつも叔父の会長とその息子の顔色を見ないといけない現実に疲れている。 彼の第1任務は赤字だらけの野球球団を解体すること。 自分に従わない生意気のペク・スンスと頭脳喧嘩をし始める。

kd-guide.com

イ・セヨン

ドラマ  ストーブリーグ

(パク・ウンビン)

ドリムーズ運営チーム長

韓国内で唯一な女子の野球団運営チーム長で、最年少運営チーム長でもある。 1回だけの準優勝以外いい成績を出したことがないチームだから、 彼女以外の人がチーム長として来ないだけかもしれない。 ドリムーズがビリから2番目になる希望を持ってみんなを励まそうとしている情熱あふれるスタッフ。

ハン・ジェ

ドラマ  ストーブリーグ

(チョ・ビョンギュ)

ドリムーズ運営チームスタッフ

ある有名な家具会社の孫。特に目標や情熱もない彼だったが、ドリムーズ球団の面接に来た時、 イ・セヨンに怒られ、追い出された後、一年後に自力でドリムーズ運営チームに入社した。 イ・セヨンに惚れて、彼女を守ってあげながら仕事も頑張っている。

野球のことも勉強している上にピッチャーとしての練習も重ねている。 新しい団長とイ・セヨンチーム長2人でアメリカに出張に行くのが気になって、 休暇を取って自費で出張に同行する。

kd-guide.com

イム・ドンギュ

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ ストーブリーグ

(チョ・ハンソン)

ドリムーズの4番打者

万年ビリチームのドリムーズで唯一に相手チームが怖がる、実力ある打者。 ドリムーズで永久な背中番号をもらって引退するのが夢である。 いつも手の皮が剥けているくらいすごい練習する努力派。 昔同僚だったスター投手カン・ドギ用のバットを別当持っているくらい彼にライバル意識を強く持っている。
ある日、突然赴任してきた野球も分かってない団長の決定でドリムーズから放出され、納得いかず、 後輩達にペク・スンスの暴行を命じる。

カン・ドギ

ドラマ  ストーブリーグ

(ハ・ドグォン)

国家代表第1先発級エース投手

ドリムーズ球団地域出身で、誰もが認めるエースの中のエース。 ライバル意識を強く持っている同僚イム・ドンギュと仲悪く、バイキングズに放出されたが、ペク・スンス団長のトレードで逆の立場になる。 ”ドリムーズに送ってくださってありがとうございます”とバイキングズ団長に挨拶をするくらい ドリムーズを愛している。
少しでも恥ずかしいことをすると、自信を持ってボールを投げないということで、 真面目で、選手として正しい道だけを歩く、みんなに尊敬される選手。

ドラマの見どころ

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ  ストーブリーグ
ドラマ  ストーブリーグ

1)プロ野球団の裏側のヒーロ達

冬のオフシーズンを背景にしているドラマで、球団の間の選手トレードや協商などを見せてくれて新鮮。
球団内のスカウトチーム、戦力分析チーム、広報チーム、運用チームなどのそれぞれの役割や大変さなども面白い。球団運用陣とオーナーとの関係や監督との役割がどう違うのか、どうトレードが成立されるのかなど知らなかったプロスポーツ球団の裏話がわかるようになる。年俸協商の時の大変さ、選手と球団運営陣のお互いの立場の差なども興味津々。

2)魅力的なドリームズ選手陣

ドリムーズのようなチームがあれば応援したいかも!と思うくらい魅力的。重要選手達はまるで本当の選手かな?と思うくらいリアル感が溢れている。
冬シーズンを描いているドラマなので、練習シーンがメインになっているけど、実のゲームを背景にしたドラマもまた作ってくれて欲しい!

特にチョ・ハンソンが演じたイム・ドンギュ選手は、初めはめちゃ悪い役に見えたが、その真面目さとドリムーズ同僚といる時の意外な可愛い姿で大人気。カン・ドギもめちゃ格好良くて、実際あんな選手がいれば、ファンになっちゃいそう!

ドラマ ストーブリーグ

SBSドラマ ストーブリーグ

3)団長と社長の頭脳戦争

球団を解体しようとする人と球団を守ろうとする人、お互いの戦略と反撃が続く。
オーナー側の金銭的な圧迫には以外のカードで反撃したり、必要ならマスコミも使うし卑劣な手段も構わず戦う。

悪役のオ・ジョンセは既存のコミックなイメージを捨て、頭良く球団を運営するビジネスマンを演じる。最後まで自分の権力志向的なキャラクターを維持しながらもいいやつの面もみせてくれる。
信じて見る俳優の一人、ナム・グンミンは演じる役によって、同じ顔なのにそれぞれ全く違う人物に同化しちゃうすごい俳優。
このドラマでもペク・スンスという感情を見せない人物を安定的に演技切って、ドラマをリードする。

ドラマ ストーブリーグ

ドラマ ストーブリーグ

ドラマ ストーブリーグ

総合評価

ドラマ  ストーブリーグ

ドラマ  ストーブリーグ

個人的に野球ファンでもないし、スポーツ関連ドラマはあまり好みではないので、正直見る気にならなかった。だが、あまりにも好評なので見始めたら、WOW3日間ほぼ眠れず見終えました!めちゃ面白い!次の話を見たくて我慢できない日々でした!

野球選手達のグラウンド上での戦いではなく、球団運営陣のオフィスでの戦いなのがすごく新鮮で、オーナーと運営陣との争いも面白い。
団長と社長の争いによって揺れる球団と選手達。それから、みんなの運命を左右する韓国選手達の兵役問題、薬物問題、ギャンブルなど実際よくニュースに出るプロ野球界問題をドラマ内でも扱っていてリアル感を出している。

それから、無理やりな恋愛話がないのもよかった。元々の企画に充実に球団運営の裏話や選手のトレード、協商、管理問題に集中したストーリで全体的な完成度も高い。

このドラマの影響で野球ファンになれそうな気がする。韓国で大人気ドラマになり、ファン達からは各スポーツ業界にペク・スンス団長を導入し、シーズン制にして欲しいという声が高まっている。

めちゃ面白いので、オススメします!

[目次]

1)ドラマ概要

2)こんな方にオススメ

3)企画コンセプト

4)あらすじ

5)登場人物

6)ドラマの見どころ

7)総合評価

................................................................................
最後まで読んでいただきありがとうございます!
XOXO